通販で購入可能なルネスタ・ジェネリックと、お得なクーポン、口コミ、効果、副作用などもあわせて紹介

通販で購入できるルネスタで不眠を改善

ルネスタジェネリックの中で人気№1「ソクナイト」

ルネスタは、ストレスや不安感などが原因で寝付けない…などの不眠症状に効果のある睡眠薬です。

ルネスタは通販で購入できませんが、ルネスタ・ジェネリックなら通販で安く購入できます。
有効成分はルネスタと同じ「エスゾピクロン」なので、ルネスタと同じ効果があります。

ルネスタ・ジェネリックの中でも「ソクナイト」が一番人気です。

ソクナイトは、開発の段階で日本人スタッフが監修していることもあり、日本人の体格や体質にあった商品ということもあり、ソクナイトを使っている人が増えています。

【ソクナイトの値段】

内容量値段1錠あたり
50錠4,050円81円
100錠7,290円72円
150錠9,720円64円

ちなみに現在お薬なびでは、支払方法を銀行振込にすることで5%OFFになり、お得に購入できます。

さらに今なら、お薬なびを初めて利用する人限定で「クーポンコード:Syokai500」を利用して買い物すると、初回のみ500円安くなります。

\ルネスタ・ジェネリックの中で人気№1/

ルネスタの口コミ・評判

ルネスタ(ジェネリック医薬品も含む)を実際に飲んだことがある人たちの口コミをいくつか紹介します。

高評価口コミ

女性アイコン
みき さん(32歳)
今はもうこれなしでは寝れません。最初使い始めた頃は、人間関係に悩んだりしていて、ストレスが多く、寝れなくなっていました。そこからはソクナイト飲んでいるおかげでぐっすり寝れています。夜にちゃんと睡眠を取ることで、日常生活もだいぶ落ち着きました。

※引用元:https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=437#item_review

女性アイコン
かなみ さん(24歳)
翌日に緊張することがあると眠れなくなる性分なので、そういう日には絶対飲むようにしてます。 飲むと気持ちが落ち着いて寝れるようになるので、愛用してます。

※引用元:https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=447#item_review

女性アイコン
さきちゃん さん(26歳)
中々寝付くことが出来ないので、買ってみました。 睡眠薬を使うのは初めてだったので、不安もありましたが、薬を飲むと直ぐに眠れるようになりました。 最近は、寝不足になる事がなくなったので、肌の調子もよくなりました♪

※引用元:https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=447#item_review

女性アイコン
えっちゃん さん(24歳)
心療内科でマイスリーを処方してもらっていましたが、効きが悪くなったのでハイプナイトに変えました。副作用もないしいいですね。マイスリーだと寝起きが悪い時が多かったのですがハイプナイトは寝起きも良くてとてもいいです。心療内科に通うより費用も安いのでお財布にも優しいです

※引用元:https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=447#item_review


高評価の口コミまとめ
・緊張したり、ストレスが原因で眠れない日もルネスタを飲むと、ぐっすり眠れる
・寝不足が解消して、肌の調子が良くなった
・副作用もなくよく眠れる
・心療内科に通うよりも、通販で購入した方が安い


低評価の口コミ

男性アイコン
Y田 さん(31歳)
服用直後は苦味を感じることはあまりありませんが、時間が経つと現れ始め、寝起きに水を飲むと苦いなと感じます。長い時はお昼頃過ぎまで苦く感じる時があります。服用後入眠までの時間は掛からず、朝起づらいこともないので効果には満足していますが、1箱終わったら他のものにすると思います。

※引用元:https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=1046#item_review

男性アイコン
ぬーぼ さん(31歳)
効き目はありましが、寝起きが結構辛いです。 起きた後もなかなか頭が冴えないから早めに起きて運動するようにしています。

※引用元:https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=1046#item_review

低評価の口コミまとめ
・寝起きに水を飲むと苦みを感じる
・よく眠れるけど、寝起きがツライ


ルネスタの購入方法は?

ルネスタの購入方法

ルネスタをはじめ睡眠薬は、「習慣性医薬品」に分類されており、厳しく管理されています。

また、ルネスタは処方箋医薬品でもあるため、医師の処方箋がない人に対して販売することができません。
そのため、、ドラッグストアや薬局などで購入することはできません。

購入方法としては、「病院で処方してもらう方法」「ネット通販(個人輸入)で購入する方法」の二つの方法があります。

ルネスタを購入するなら通販がお得!

オンラインショップ

ルネスタは通販で購入すると、次のようなメリットがあります。

  • 病院と比べ、安い価格で購入できる
  • 薬代や診察代に加え、交通費、時間の節約にもなる
  • ルネスタのジェネリック医薬品もいくつかあるので、自分自身で薬の種類を選べる
  • 24時間いつでも注文可能
  • 誰にも知られることがなく購入可能で、プライバシーが守られている

このようにルネスタのジェネリック医薬品を通販で購入する人が増えています。

\ルネスタ・ジェネリックの中で人気№1/

通販で購入する際の注意点

オンラインショップ注意

ルネスタを通販で購入する際に、いくつか注意点があります。

  • 服用方法や飲み合わせなどは、自分で確認する必要がある
  • 副作用などの健康被害が起きても自己責任となる
  • 注文後、約7日~14日後に届く(海外からの発送になるので、届くのが遅い)
  • 偽造薬品や粗悪品の可能性がある

通販を利用する際は、効果や副作用などを必ず確認し、「信頼できる通販サイト」で購入しましょう。

ルネスタのジェネリック医薬品

ルネスタには、安値で購入できるジェネリック医薬品があります。

効果はルネスタと変わりませんが、商品によって値段や成分量に違いがあるため、自分に合った睡眠薬を選ぶことができます。

ソクナイト

ソクナイト
ソクナイト
価格
4,050円(2mg/50錠)
7,290円(2mg/100錠)
9,720円(2mg/150錠)
特徴
  • ルネスタのジェネリック医薬品の中で人気№1
  • 日本人の体格や体質にあった商品
  • 成分量2mgのみ販売
  • 錠剤を半分にカットして服用できる
  • 効果の持続時間は5時間

\ルネスタ・ジェネリックの中で人気№1/

ソクナイトは、開発の段階で一部日本人スタッフ監修していることもあり、日本人の体格や体質にあった商品という理由からルネスタのジェネリック医薬品の中でも人気があります。

成分量2mgのみ販売されているため、はじめてソクナイトを服用する人は、ピルカッターなどで錠剤を半分にカットして成分量を少なめにして服用することもできます。

フルナイト

フルナイト
フルナイト
価格

▼お薬なび
4,000円(2mg/50錠)
7,600円(2mg/100錠)
10,200円(2mg/150錠)

▼ベストケンコー
4,000円(2mg/50錠×1箱)
7,394円(2mg/50錠×2箱)

特徴
  • 成分量2mgのみ販売
  • 錠剤を半分にカットして服用できる
  • 効果の持続時間は5時間

▼【ルネスタジェネリック】フルナイトの購入はこちら▼

ハイプナイト

ハイプナイト
ハイプナイト
価格

▼お薬なび
3,320円(1mg/50錠)
6,310円(1mg/100錠)
4,280円(2mg/50錠)
7,980円(2mg/100錠)
5,220円(3mg/50錠)
9,920円(3mg/100錠)

▼ベストケンコー
2,863円(2mg/10錠)
5,726円(2mg/10錠)


特徴
  • 成分量1mg/2mg/3mgがあるので、自分に合った成分量を選択できる
  • 1mg→クリーム色、2mg→ピンク色、3mg→青色と用量によって錠剤の色が異なる
  • 効果の持続時間は5時間

▼【ルネスタジェネリック】ハイプナイトの購入はこちら▼

エスゾピック

エスゾピック
エスゾピック
価格
2,380円(2mg/30錠)
4,280円(2mg/60錠)
5,720円(2mg/90錠)
2,850円(3mg/30錠)
5,130円(3mg/60錠)
6,840円(3mg/90錠)

特徴
  • 成分量2mg/3mgがある
  • 錠剤を半分にカットして服用できる
  • 持続時間は5時間

そもそもジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、効果や安全性、使用方法などがすでに確認されている成分を使用して製造しています。
そのため、新薬と比べると少ない開発費、期間で開発されたものです。
(新薬は通常、数百億円の開発費がかかり、開発までにおよそ10~15年の期間を要します。)

ジェネリック医薬品は、先発の医薬品の特許が切れた薬で、「同様の成分を持ち、同様の効果が得られ、安く購入できる」という特徴があります。

ルネスタの効果

ルネスタの効果
  • ストレスや不安感などが原因で寝つけないなどの不眠症状に効果がある
  • 脳の神経を鎮め、不安感や緊張感をほぐしてリラックスする
  • 自然に近い眠りを得ることができる

ルネスタは、飲み始めてから約30分~1時間ほどで効果が現れます。

また効果の持続時間は、5時間と短めです。

※参照元:おくすり110番


ルネスタの副作用

ルネスタなどの睡眠薬を使用する際、副作用はあるのか気になりますよね。

ルネスタは睡眠薬の中でも比較的安全性が高いと言われていますが、副作用はあります。

主な副作用を次のとおりです。

味覚異常(苦味)

ルネスタの苦味

個人差もありますが、ルネスタには副作用として「苦味」があります。

苦味を強く感じる人もいれば、逆に苦味は気にならないという人もいるようです。

苦味を感じるのは、唾液から薬の成分や代謝物が分泌されるためだと考えられています。

健忘症

健忘症

ルネスタをはじめとする睡眠薬には、服用してから寝る前の出来事や夜中起床した際に起こった出来事にまったく身に覚えがない…ということが起こることがあります。

これを健忘症(一過性前向性健忘)と言います。

たとえば、記憶にはないが「友達や家族に電話・メールをしていた」「朝起きるとお菓子やラーメンなどを食べられていた形跡がある」などです。

健忘症は「超短時間型」「短時間型」の効果が短い睡眠薬を服用した場合や、睡眠薬を過剰摂取した場合、アルコールと併用して飲んでしまった場合などに起こりやすいと言われています。

ちなみにルネスタは超短時間に分類される睡眠薬なので、服用する際は健忘症に注意する必要があります。

翌日への眠気の持ち越し

起きれない女性

睡眠薬を服用する際に気になるのが、翌日への眠気の持ち越しですよね。

ルネスタは翌日まで眠気を持ち越すことは少ないと言われていますが、

「朝眠くて起きれない…。」
「ぼーっとしてしまい、集中力がない…。」
「体がだるい…。」

などといった、眠気や集中力の低下などの症状が現れることがあります。

反跳性不眠

反跳性不眠

ルネスタをはじめベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、ほぼ満足できる睡眠がとれるようになった段階で、急に服用を注意すると服用前よりも強い不眠の症状が現れることがあります。

作用時間の短い睡眠薬ほど、この症状は現れやすいと言われています。

このような症状がある場合は、

  • 十分な睡眠時間を確保する。
  • ルネスタの服用量を減らす。
  • 場合によっては、作用時間の短いマイスリーなどの睡眠薬に切り替える。

などの方法を試してみて、翌日へ効果を持ち越さないようにします。

その他の副作用

その他にも、次のような副作用の症状があります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 蕁麻疹
  • ふらつき
  • 口が渇く
  • もうろう状態
  • 夢遊症状
  • 幻覚
  • 下痢
  • 便秘
  • 倦怠感

用法用量を守らず、自己判断で量を増やしたり、昼間に服用してしまうと、薬の効き目が悪くなったり、重大な副作用を引き起こす危険性があります。

医師の指示の元で用法用量を正しく守り、服用することが大切です。

※参照元:医療用医薬品 : ルネスタ - KEGG


依存性は?耐性は?

ルネスタの依存性と耐性

睡眠薬を服用する上で「①依存性」や「②耐性」も気になりますよね。

①依存性とは文字通り、その薬に依存してしまうことで、服用を止めることができなくなる状態のこと。

②耐性とは、長期間服用していると身体が慣れてしまい、量を増やさないと薬が効かなくなってしまう状態のこと。

身近なもので例えると、アルコールやタバコと同じです。
睡眠薬は、アルコールやタバコなどと比べると依存性や耐性は軽いので、用法用量を守り正しく服用していれば、さほど問題はありません。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬であるルネスタは、比較的「依存性」や「耐性」は起こりにくいとされているのですが、少なからず存在し100%起こらないとは言いきれません。

また、睡眠薬は以下のように大きく6つに分類することができ、その種類ごとに依存度が変わっていきます。

←強 依存度 弱→
①バルビツール酸系 ②非バルビツール酸系 ③ベンゾジアゼピン系 ④非ベンゾジアゼピン系 ⑤オレキシン受容体拮抗薬 ⑥メラトニン受容体作動薬

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系に属し、依存度は上から4番目となっていますが、超短時間型、短時間型などの作用が短い睡眠薬は、依存しやすいと言われているので、注意が必要です。

ルネスタの離脱症状は?

睡眠薬や抗うつ薬、精神安定剤などの服用を中止しようとした際に現れる症状で、睡眠薬の副作用の中でもとても深刻なものです。

具体的な症状としては、

  • 吐き気
  • めまい
  • 体のふるえ
  • 不安感や緊張感

などです。

特に長期間睡眠薬を服用したり、多剤併用したりすると離脱症状を引き起こしやすくなります。

また、離脱症状を克服するのは難しく、ゆっくりと時間をかけて薬の量を減らしていく、服用する薬の種類を変えてみる、睡眠薬を飲まない日を作るなどの方法を試して、離脱症状を克服していきます。

ルネスタの飲み方

ルネスタの飲み方

ルネスタは服用してから、約30分~1時間ほどで効果が現れますので、寝る直前に1回1錠を飲んでください。

また1回の服用は以下の通りです。

  • 成人は3mg
  • 高齢者は1~2mg

はじめてルネスタを服用する人、高齢者は1mgから服用するようにしてください。


ルネスタの併用禁忌・注意薬

ルネスタの併用禁忌

ルネスタには併用禁忌薬は特にありませんが、併用する際に注意しなければならない薬があります。

  • 「筋弛緩薬」スキサメトニウム、ツボクラリン、バンクロニウムなど)
  • 「CYP3A4阻害薬」アゾール系抗菌薬、マクロライド系抗生物質など
  • 「CYP3A4誘導薬(結核治療薬)」リファンビシンなど
  • 「アルコール」

などがあります。

また飲み合わせが悪いものとしては

  • 鼻水や鼻づまりを止める市販薬
  • 不眠を解消するためのサプリメント
  • アルコール

などがあります。
服用する際に注意してください。

服用する際の注意点

ルネスタを服用する際に、注意しておきたいことがいくつかあります。


①ルネスタは必ず寝る直前に飲む

ルネスタは必ず寝る直前に飲む

ルネスタは服用してから約30分~1時間ほどで効果が現れます。
そのため、寝る直前に飲まないとふらついたり、転倒してしまう危険性があります。

また、前述の副作用の項目のとおり、ルネスタを服用することで「健忘症」を引き起こす可能性があります。
このことからも、ルネスタを飲んだらすぐにベッドに入るようにしましょう。


②自己判断で安易に服用を中止しない

ルネスタを長期的に服用している場合は、自己判断で安易に服用を中止していはいけません。

急に服用を中止してしまうと反動で眠れなくなったり、イライラや不安感、震えなどの副作用を引き起こす危険性があります。


③ルネスタを服用してはいけない人

下記に当てはまる方は、ルネスタを服用することできません。

  • 過去にエスゾピクロン(ルネスタ)やゾピクロン(アモバン)を服用しアレルギー反応を起こした方
  • 重症筋無力症の方
  • 急性狭隅角緑内障の方

また肺性心、肺気腫などの肺疾患を持っている方、気管支喘息、脳血管障害の急性期などで呼吸機能が低下している方は、原則としてルネスタを服用してはいけませんが、医師の判断で処方されるケースがあります。

④高齢者の方は服用注意

高齢者が睡眠薬を服用すると副作用が現れやすいので、服用する際は注意してください。

また、服用後にふらついて転倒する恐れがあるので、注意が必要です。


⑤妊娠中・授乳中の方は服用を控える

妊娠中はルネスタを控える

妊娠中、授乳中の方は、できるだけルネスタなどの睡眠薬は控えるようにしてください。

睡眠薬は病院からの処方以外に、通販サイトでも手軽に購入できますが、妊娠中、授乳中の場合は自己判断で服用するのはやめましょう。

どうしても睡眠薬が必要という場合は、必ず病院で診察を受けて医師の指示に従ってください。



ルネスタはアモバンの改良版

ルネスタはアモバンの改良版

睡眠薬のアモバン(ゾピクロン)は、ルネスタと同じく「非ベンゾジアゼピン系」に属している睡眠薬で、日本では1989年に発売されて以来、今でも幅広く使用されています。

アモバンの特徴としては、

  • 独特の苦味がある
  • 即効性がある
  • 安全性が高く効き目も良い

などがあります。

中でも「アモバン=苦い!」と言われるほど、アモバン独特の苦味は特徴的です。

一方のルネスタ(エスゾピクロン)は、アモバンの【S体】という苦味が少なく、催眠作用がある部分を抽出し、改良して作られた睡眠薬です。

個人差はありますが、ルネスタでも苦味を感じる人はいますが、アモバンと比べると苦味が軽減されていることから、ルネスタに切り替える人も多いです。

\ルネスタ・ジェネリックの中で人気№1/

ルネスタとアモバンの違い

ルネスタとアモバンの違い

ではルネスタとアモバンは、一体どのような違いがあるのでしょうか。

■アモバン
催眠作用が弱く、主に苦味の成分をメインとしている【R体】と主に睡眠作用がメインで苦味の成分が少ない【S体】の2つの物質を混ぜたもの。

■ルネスタ
苦味成分が少なく、睡眠作用がメインとなる【S体】の部分だけを抽出し、改良したもの。


上記のことから、ルネスタとアモバンの効果の違いとしては、

  • アモバンに比べて苦味が少ない
  • さらに副作用が少なく、安全性が高い
  • アモバンよりも緩やかに効いて、緩やかに抜ける
  • アモバンの半分の量で、同等の効果を得ることができる

などがあげられます。

他の睡眠薬との比較

ルネスタと他の睡眠薬との比較

睡眠薬にはルネスタの他にも様々な種類があります。

大きく分けると次の6つです。

  • バルビツール酸系
  • 非バルビツール酸系
  • メラトニン受容体作動薬
  • オレキシン受容体拮抗薬
  • ベンゾジアゼピン系
  • 非ベンゾジアゼピン系

バルビツール酸系

バルビツール酸系の睡眠薬は1900年代前半ごろから使用されはじめた最も古い睡眠薬です。優れた睡眠効果が得られる反面、バルビツール酸系の睡眠薬には副作用の問題が深刻で「効果は強力であるが副作用が強い」という特徴があります。また命に関わる重篤な副作用が起こりうる危険性があるため、重度の不眠症患者の方などを除き、現在ではほとんど処方されることはありません。

バルビツール酸系の睡眠薬の種類としては

  • バルビタール(商品名:バルビタール)
  • フェノバルビタール(商品名:フェノバール)
  • ペントバルビタール(商品名:ラボナ)
  • セコバルビタール(商品名:アイオナール・ナトリウム)
  • アモバルビタール(商品名:イソミタール)
  • フェノバルビタールナトリウム(商品名:ルピアール、ワコビタール)

などがあります。

非バルビツール酸系

非バルビツール酸系の睡眠薬はバルビツール酸系の依存性や命にかかわる副作用などを改良しようとして作られた成分ですがこちらも安全性が高いとはいえず、大きく改善できたとはいえませんでした。また(多幸感)や(酩酊感)が強いため乱用されてしまうことなどが問題となり、非バルビツール酸系の睡眠薬である「サリドマド」などは製造・販売を中止されています。

非バルビツール酸系の睡眠薬としては

  • 抱水クロラール(商品名:抱水クロラール、エスクレ坐剤)
  • ブロモバレリル尿素(商品名:ブロバリン)
  • トリクロホスナトリウム(商品名:トリクロリール)

などがあります。

メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬は睡眠と覚醒のリズムを調節するホルモンの「メラトニン」と似た働きをして強制的に眠らせるのではなくあくまでも「自然に近い眠り」を後押しする睡眠薬です。従って耐性や依存性などなく非常に安全性の高い睡眠薬といわれていますが、効果もその分あまり強くはありません。

メラトニン受容体作動薬の睡眠薬の種類としては

  • ラメルテオン(商品名:ロゼレム)

などです。

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシン受容体拮抗薬は覚醒状態を保つ脳内物質である「オレキシ」の働きを弱め脳の状態が覚醒から睡眠に切り替わりを助け、自然な眠りを促す睡眠薬です。
オレキシン受容体拮抗薬の睡眠薬の種類としては

  • スボレキサント(商品名:ベルソムラ)

などがあります。

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はバルビツール酸系の睡眠薬の欠点であった「危険な副作用や依存性」といったものを改善したものです。バルビツール酸系睡眠薬に比べて副作用や依存、耐性などが起こりにくいなどの特徴があります。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の種類としては

  • トリアゾラム(商品名:ハルシオン)
  • ブロチゾラム(商品名:レンドルミン)
  • フルニトラゼパム(商品名:サイレース、ロヒプノール)
  • クアゼパム(商品名:ドラール)

などがあります。

非ベンゾジアゼピン系

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はその効果と安全性の高さから現在、「精神科・心療内科」をはじめ「内科」や「産婦人科」「整形外科」などでも幅広く処方されています。ルネスタはこの「非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬に属します。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬としては

  • エスゾピクロン(商品名:ルネスタ)
  • ゾルピデム(商品名:マイスリー)
  • ゾピクロン(商品名:アモバン)

などがあります。まとめてみると

  • バルビツール酸系の睡眠薬=脳全体に強く作用する。重篤な副作用などが現れやすい。
  • 非バルビツール酸系の睡眠薬=バルビツール酸系を改良し作成。多幸感や酩酊感が強く乱用されてしまう危険がある。
  • メラトニン受容体作動薬=メラトニン受容体を刺激してメラトニンの分泌を促す。
  • オレキシン受容体拮抗薬=覚醒維持に関わるホルモンの一種であるオレキシン受容体の作用を弱め眠気を促す。
  • ベンゾジアゼピン系の睡眠薬=脳の一部(GABA受容体)に作用する。
  • 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬=GABA受容体に作用しω1受容体(オメガ1受容体)への選択性を高めたもの。

となっておりそれぞれ特徴があります。また現在、睡眠薬はベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が主流となっています。

睡眠障害のタイプ

睡眠障害は4つのタイプに分けることができ「入眠障害」「中途覚醒」「熟眠障害」「早朝覚醒」です。

  1. 入眠障害・・・夜なかなか寝付けない(眠れるまで30分~1時間かかる)
  2. 中途覚醒・・・夜中何度も目が覚めてしまう
  3. 熟眠障害・・・しっかりと睡眠をとったはずなのに寝た気がしない、熟睡した感じがしない、疲れが取れない
  4. 早朝覚醒・・・早朝に目が覚めてしまいその後も寝付けない

となっており、治療の際にはそれぞれの症状に合わせた睡眠薬を使用していきます。

睡眠薬は作用時間で4つに分類される

睡眠薬は主に作用時間で「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」の4つに分類することができます。


超短時間型

超短時間型は半減期が約2~4時間程度となっており作用時間が短く、即効性があるため「なかなか寝付けない・・・。」などの一過性の睡眠障害がある方に使用します。また持ち越し効果(翌朝の眠気やふらつき)などがあまり残らないのが特徴です。

代表的な超短時間型の睡眠薬として

一般名ゾルピデムトリアゾラムゾピクロンエスゾピクロン
商品名マイスリーハルシオンアモバンルネスタ
半減期2時間2~4時間4時間5~6時間

などがありルネスタは「超短時間型」の睡眠薬に属します。

短時間型

短時間型は半減期が約6~12時間程度で早く効果が現れ、超短時間型と同様に「寝つきが悪い」「一過性の睡眠障害」などの睡眠障害がある方に使用します。

代表的な「短時間型」の睡眠薬として

一般名ブロチゾラムロルメタゼパムリルマザホン
商品名レンドルミンロラメット、エバミールリスミー
半減期7時間10時間10時間

などがあります。

中時間型

中時間型は半減期が約12~24時間程度となっており、「眠っても途中で目が覚めてしまう・・・。」「1度目が覚めてしまうとなかなか寝付けない・・・。」などの入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の睡眠障害がある方、また作用時間が長いため強い不安感がある方などにも使用されます。

代表的な「中時間型」の睡眠薬として

一般名フルニトラゼパムニトラゼパムエスタゼパムニメタゼパム
商品名ロヒプノール、サイレースベンザリン、ネルボンユーロジンエリミン
半減期24時間28時間24時間21時間

などがあります。

長時間型

長時間型は半減期が約24時間以上で効果が持続する時間がとても長く中時間型と同様に入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒また熟眠障害などの睡眠症状がある方に使用されます。また抗不安薬としても作用し、うつ病や統合失調症など精神的疾患を原因とする不眠症状がある方に使用されます。

代表的な「長時間型」の睡眠薬として

一般名クアゼパムフルラゼパムハロキサゾラム
商品名ドラールダルメート、ベノジールソメリン
半減期36時間65時間85時間

などがあります。

※「半減期」とは薬の持続時間を表す用語で「薬の血中濃度がどれぐらいの時間で半分になるのか?」という作用時間の目安になり、半減期がおおよその作用時間と考えることができます。この半減期を目安として「この薬の効き目は何時間くらいか?」判断することができます。また「一般名」とは国際的に決められた世界共通の薬物の名称のことで「商品名」とは販売している製薬会社が独自につけた名称です。

まとめると睡眠薬は

  • 「超短時間型」・・・半減期が約2~4時間程度と作用時間が(短く寝つきが悪い)などの一過性の睡眠障害に使用される。
  • 「短時間型」 ・・・半減期が約6~12時間程度で超短時間型と同様に一過性の睡眠障害の方に使用される。
  • 「中時間型」 ・・・半減期が約12~24時間程度で(入眠障害)や(中途覚醒)、(早朝覚醒)などに使用される。
  • 「長時間型」 ・・・半減期が約24時間以上と長く(入眠障害)や(中途覚醒)をはじめ(早朝覚醒)、(熟眠障害)などの症状に使用される。

となっており作用時間で4つに分類され、それぞれ症状によって使い分けられます。

また睡眠薬によっても作用時間が異なることが分かります。

  • 入眠障害には(超短時間型及び、短時間型)
  • 中途覚醒には(中時間型、長時間型)

とそれぞれの睡眠薬が適しているとされています。

今回紹介するルネスタは前文で述べた通り「超短時間型」の睡眠薬で、作用時間(半減期)はおよそ5~6時間となっているので「なかなか寝付くことができない・・・・。」といった一過性の入眠障害に方に向いています。

ルネスタの名前の由来

ルネスタは2005年にsunovion社から発売されたのですが、その名前の由来は何だったのでしょうか。ルネスタは英語で「Lunesta」と書きます。夜や睡眠などを連想させる月(Luna)と星(Star)を掛け合わせLuna+Star=Lunestaとしました。また日本でも同様の販売名が使用されることになり「ルネスタ」となったのです。

ルネスタはこんな人にオススメ(まとめ)

ルネスタで安眠

睡眠の質が悪かったり、睡眠時間が少ないと、仕事に支障が出ることもありますよね。

眠れない日が続くと精神的・身体的にも支障が出てしまい、自律神経のバランスが乱れてしまいます。
症状が悪化すると「自律神経失調症」や「うつ病」などを発症してしまうことも少なくありません。

色々試してきたけど、なかなか不眠を改善することができないという場合は、睡眠薬を使ってみるといいですよ。

ルネスタは、

  • 「超短時間型」の睡眠薬
  • 即効性に優れ、翌朝目覚めやすい
  • アモバンに比べると、苦味が軽減されている

そのため、次のような人にオススメです。

  • 寝つきが悪い人
  • 不安やストレスがあると眠れない人

\ルネスタ・ジェネリックの中で人気№1/